個人再生を利用したケース

  • 住宅を手放したくない。 ※このケースが圧倒的に多いです。
  • 破産をしたくないが任意整理では返済が困難。
  • 免責不許可事由があるので破産申立が困難。
  • 公務員で職場から借入、話をしたところ破産だけは止めてほしいとのことだった。
  • 父の連帯保証人となり多額の債務を負担、住宅があるので破産はしたくない。

WEBでのお問い合わせ

営業時間:午前9時〜午後5時 定休日:土・日・祝
担当:所長 岩屋口智栄まで

プロフィール

司法書士 岩屋口智栄

司法書士

岩屋口 智栄

Tomoe Iwayaguchi

認定番号 第302058 号

ボーダー

【司法書士ともえ事務所について】
当サイトへお越しいただき、ありがとうございます。
個人再生のことなら当事務所にお任せください。

お問い合わせ

ブログ