個人再生とは

【個人再生とは】

多額の借金なため返済ができなくなった人が、一定の範囲で、借金を圧縮し、圧縮した借金を3年から5年で返済することを、裁判所に認めてもらう裁判上の手続きです。
すなわち、借金の一部弁済手続きと言えます。裁判所により、残り多くの借金をカットしてもらうのです。
住宅ローンがある場合には、住宅ローン特別条項を利用することができ、そのまま支払うことで、住宅を手放さず借金整理をすることができます。
圧縮した借金は、100万円から200万円の範囲で支払う方が多いです。
個人再生には小規模個人再生と給与取得者個人再生がありますが、給与取得者個人再生では返済総額が大きくなってしまうので、あまり利用されていません。当事務所でもほとんど利用しません。多くの場合、小規模個人再生を利用しています。

返済総額となる、一定の範囲とは、
①住宅ローンを除く借金全部の20% か 
②100万円 か 
③全財産相当額(現在保有する資産を金銭に換算した場合の金額)の

いずれかのうち、最も多い金額になるものを3年から5年で支払います。
たとえば、借金が400万円で、車を所有(車の価値は無)、預金は0、住宅はあるがローンがまだまだ残っている(この場合住宅の価値は0となります)場合、返済総額は、100万円となり、これを、月約18000円から約28000円で支払うことになります。支払時期は、司法書士に依頼後、約10か月先になります(住宅ローンはそのまま支払いをします)ので、その間に、いままで返済に充てていたお金をためることができます。

WEBでのお問い合わせ

営業時間:午前9時〜午後5時 定休日:土・日・祝
担当:所長 岩屋口智栄まで

プロフィール

司法書士 岩屋口智栄

司法書士

岩屋口 智栄

Tomoe Iwayaguchi

認定番号 第302058 号

ボーダー

【司法書士ともえ事務所について】
当サイトへお越しいただき、ありがとうございます。
個人再生のことなら当事務所にお任せください。

お問い合わせ

ブログ